環境教育・持続可能な開発のための教育(ESD)

 環境教育・持続可能な開発のための教育(ESD)とは何か。

 日本の環境教育は、公害教育や自然保護教育を源流に発達し、時代とともにその概念は広がってきた。現在では、自然科学分野だけではなく、人や地域・社会に焦点をあてた人文社会学分野の研究も数多い。特に、持続可能な開発のための教育(ESD)の出現は、環境教育に大きな影響を与えたといえる。

 しかしながら、一貫して変わらないものもある。それは、環境教育は、環境のため、持続可能な社会のために主体的に行動できる人材を育成するということ。そのために必要な環境問題の本質を見る目、物事を客観的、かつ多角的に見る目、これを養うのも環境教育の役割でもある。

 

 この研究室は、環境教育は教育であるということ、そして教育とは人格の形成であり、人が人としてどうあるべきなのか、どう生きていくのか、生涯にわたる自らの学びを基本として、環境教育・ESD研究に取り組んでいる。